partymind

menu

025:プリンスと漫画 pt2

021:プリンスと漫画」では少年漫画を中心にご紹介しましたが、その後新たなネタが発掘されたので、まとめとして第2弾をお送りします。情報提供にご協力いただいた皆さん、ありがとうございました!

SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさん

まずは現役漫画(2018年8月時点で連載中)からご紹介します。地味すぎて「地味先」と呼ばれる高校教師にジミヘンの霊が憑依することで起きるExperience。長田悠幸先生による、笑って感動できる熱血音楽漫画「SHIORI EXPERIENCE」です。普通に超おすすめ!
そんな漫画に登場するのが、八王子茂ことプリンス君です!音楽家の家庭で育ち、あらゆる楽器をマスターしているナルシスティックな天才肌といった設定もプリンスそのもの。単行本では2巻から登場します。余談ですが、このプリンス君の名前が「茂」というのもなんとなく狙った感がありますね(参考:殿下茂さんTwitter)。

SHIORI EXPERICNE

ステレオタイプの「Purpe Rain」ではなく、時代に即して「Musicology」前後のプリンスを採用しているのも好感が持てますね。

SHIORI EXPERICNE

プリンスが亡くなった後は、"Albums still matter."発言と絡めたトリビュートの番外編も描かれていました。こちらは八王子茂君ではなくて、本物のプリンス。うーん、これはリスペクトが感じられて嬉しいです。アフロじゃないのはご愛嬌。

SHIORI EXPERICNE

A‐girl

80年代に連載されていた、くらもちふさこ先生による少女漫画「A-girl」です。私は未読なのですが、家内が発見してくれました。本編にはあまり絡まないのですが、どう見てもプリンスを意識した脇役キャラが登場します。一応高校生という設定なんですが、見えませんね(笑)

A-girl

A-girl

A-girl

みんな並んだところ。左端のプリンスは身長も再現してる…?

A-girl

うわさのピンクハウス806

古い少女漫画続きます。渡辺ともえ先生の作品で、FBのフォロワーさんに教えていただいた「うわさのピンクハウス806」です。内容は読んでいないので言及できないのですが「Purple Rain」そのまんまな格好で登場するこのそっくりさんキャラは、その名もプリン君(笑)主役の友人という設定で、横田基地内外をバイクに乗って登場するシーンもあるとのこと。 (情報Thx>Mimiさん)

うわさのピンクハウス

CIPHER

古い少女漫画ラストです。成田美名子先生の代表作の「CIPHER」。実は「花とゆめ」連載時に私もリアルタイムで(時々)読んでました。姉二人の末っ子だったので、家には普通に少女漫画があったんですね~。しかしプリンスネタがあったことは当時全然気付きませんでした。小学生か中学生だったので、まだ開眼していなかった頃です。

この作品は結構ネタが多いんですが、まずはこちら。プリンスのスプリットネタです。 「プリンスのあれ」という表現、良いですね~。

CIPHER

そして、こちらは単行本の端に埋められるオマケイラスト。雑誌では広告が入っているパターンですね。デフォルメされたシーラ・Eとプリンスが脈絡無く描かれています。

CIPHER

お次はちょっとプリンスファンには辛い?シーン。少女漫画でよく出てくるタイプの嫌な奴がナンパしてきますが、愛用のプリンスTシャツを「服も見る度同じようなの着てさ」と貶されます。愛のペガサスの頃のロゴTですね。

CIPHER

そしてこちらは番外編。作者の成田先生が漫画を描かれる際にどんな音楽を聴いているかを紹介されています。洋楽がお好きなようでワム!とか時代を感じますね。プリンスは聴くけど、主人公を描くときには合わないのだとか(笑)

CIPHER

主人公サイファの双子の兄であるシヴァのプロフィールには、好きなミュージシャンとして、ユーリズミックス、ホール&オーツ、そしてプリンスが紹介されています。

CIPHER

因みに、この「CIPHER」の続編というかスピンオフで、「ALEXANDRITE」という漫画があるんですが、その主人公アレックスはテレンス・トレント・ダービーをモチーフにしていると思われます。他の少女漫画では、「エロイカより愛をこめて」の主人公がレッド・ツェッペリンのロバート・プラントをモデルにしていたりするので、ロックスターというのは分かりやすいインスピレーションなのかもしれませんね。

2018/8/19

近日更新予定 ⇒



PR