partymind

menu

New Power Soul

NPG名義第3弾は、プリンスの趣味が炸裂

 

  1. New Power Soul
    日本盤の帯のコピー通り、「ファンクモード」が炸裂。重たい粘着系のファンクチューン。"BIG FUN"と同じコーラスが印象的です。自らの曲をサンプリングしたんでしょうか。同名のインスト曲もあるし、その辺の詳細が気になるところです。例の「自尊心増強」に最適。

  2. Mad Sex
    更に粘っこい曲。糸をひきつつ、スローなグルーブが展開されていきます。ファンキーなんですが、脂っこくて消化が悪そう。。。一曲目に続いて、ちょっとお腹が一杯かも。逆に、癖になれば止められないんですけどね。

  3. Until U R In My Arms Again
    地声+ファルセットのバラード。相変わらず綺麗なんですが、ちょっと小ぶりなイメージですね。独特の良さはあるので、好き嫌いが分かれるかも。私は繰り返し聴いてこのアルバムを好きになったので、これもOK。

  4. When U Love Somebody
    ファルセットで歌われる、軽快な曲。割とポップな感じです。皆で聴けば楽しそう。前向きな感じで、元気が出ます。

  5. Shoo-Bed-Ooh
    非常に、まったりとした曲。粘っこくて風変わり。胸ヤケを起こさないように気をつけましょう。何しろ、このアルバムは結構カロリーが高いので…聴きたい時はあれど、すぐにお腹がいっぱいになります。ファンク中毒者にとっては別腹だけど。

  6. Push It Up!
    結構ライブで盛り上がりそうな曲。(ライブというか、アフター・ショー向き?)ひたすらダグ・Eのラップがフィーチャーされています。プリンスが手を挙げて観客を煽る姿が目に浮かぶようです。バンドメンバーでボーカルを回します。それにしても、ラリーのボーカルは相変わらず際立ってます。声低すぎ。"JAM OF THE YEAR"の引用もライブ的な雰囲気。

  7. Freaks On This Side
    "Freaks on this side!"観客の合唱がサンプリングされていますね。これまた、粘っこいファンキーさが秀逸です。「混ざった」ボーカルが気持ちいい。下の方からこみ上げてくる衝動は、やがて快感に変わります。

  8. Come On
    このアルバムの大半の曲と同様、粘着系のファンクです。その中でも、これは殊更に強力なナンバー。シングル・カットもされました。(ジャケットは最悪…)カミールっぽい声で歌っているのが嬉しいところ。派手さは全くないんですが、後を引く吸引力があります。薄暗い溜まり場で聴くと効果的。MVではプリンスが老人に扮しています。

  9. The One
    ハープとベースに、オーケストラが絡む甘美な曲。耽美に徹したファルセット・バラード。ナルシズムの極致ですね。"I am the one."って。美女を侍らせながらマイテと絡むMVも印象的。

  10. Funky Music
    このアルバムの中では、一番「速い」曲。カミールのように加工された声で、ボーカルが回されます。正味、誰がどこで歌っているのか分からない。「アォア!」の声は多分プリンスでしょうけど(笑)ダグ・Eのラップが入って、そのまま失速していきながらフェードアウト。「ア~~~ィ!」

  11. Wasted Kisses
    49曲目にシークレットトラックとして収録されている曲です。毎回、スキップするのは面倒臭い。しかし、スキップせずに普通に聴いてると、曲の導入部分がより効果的だったりします。それにしても、、、最後の隠しトラックとしては勿体無い曲。個人的には、このアルバムのハイライトです。生々しいプリンスの声が切実で、心の琴線に触れます。ラスト、救急車のサイレンに続いて、奇妙な呻き声。更には心電図の電子音が、心停止したことを告げて曲は終わります。。。

⇒ Review 1990 - 1999に戻る


PR