partymind

menu

Exodus

Exodus

出エジプトならぬ出ワーナーは隠れた名作

 

  1. Get Wild
    マイテの声と声を高くしたプリンス(?)のやりとりが印象的なイントロが楽しいです。1曲目は力強いファンクチューン。後ろ髪を引くように引きずっていく力技の、ファンキーな曲。典型的なNPG風のナンバーです。この頃の合言葉はまさに、"Peace and B wild."

  2. New Power Soul
    余談ですが、セグエで当時はまだ未発表曲の"Dream Factory"が聴けます。で、"NEW POWER SOUL"この曲名は後の作品でそのまま踏襲されましたね。基本はバンドの演奏を聴かせるジャム。合間に掛け声で"New power soul!"と唸っています。流石に黄金時代のNPGのメンバーの演奏が光っています。聴き応えあり。

  3. Count The Days
    続くは、ゴスペルの如くスピリチュアルなバラードです。隠れた名曲と思いきや、後に"GIRL6"に収録されました。ボーカルはバンドメンバーの誰かです。プリンスはファルセットでコーラスに参加している様子。これ、アカペラでやったら面白いと思うんですが。

  4. The Good Life
    独特のイントロが聞こえてくると、もはや抗えません。伝家の宝刀の哀愁系の曲。惜しむらくは歌詞が分からないんですが、、、、きっと歌詞も素晴らしいと思います。(メッセージソングだと勝手に推測しています)ボーカルを取っているのはバンドメンバー。プリンスは、サンプリングで自らの声を使用しています。相変わらず、この辺の演り方が格好いいですよね。

  5. Cerry, Cherry
    これまたプリンス以外のメイン・ボーカル。ファルセットの、チークタイム・チューン。非常に優しい感じが素敵です。オールド・スタイルに準じていて安心できます。温かくて柔らかい肌触りが秀逸。

  6. Return Of The Bump Squad
    非常にファンキーなナンバー。粘着質のファンクが、かなり格好いいです。NPGの典型的なパーティ・ソングという趣ですが、非常にダンサブル。体が自然に動かされます。チーク・タイムは終了、ここからはフロアで汗を流す番です。

  7. Big Fun
    各曲の合間に挿入されているセグエ。明らかにストーリーが展開されています。(ここの部分のセグエだけで3分以上!)どんなストーリーなんでしょうねぇ。。で、曲ですが。バックコーラスはアルバム"MAD SEX"でも使用されてますね。コーラスのリフに挟まれて、ファルセットのボーカルが入ります。そのボーカルの違和感が、非常に格好いい。曲の中で浮いているようでいて、これ以上ないほど馴染んでいる。コーヒーにコーラを入れたようにクール。

  8. Hallucination Rain
    またもや長いセグエ。その後に続くのは、"Come in~♪"という美女の誘い。浮遊感のある、スローな曲。夢の中でフワフワ浮いているようなイメージです。夢遊病のリスナーは、いつしか独り言を聴くようになります。後半は段々と激しくなり、夢は途切れます。セグエから察するに、夢の中という設定なんだと思います(多分、、)

  9. The Exodus Has Begun
    ファンキーなセグエの後、最後の曲が始まります。”The exodus has begun!”出エジプトならぬ、出ワーナーが高らかに宣言されます。この時期のプリンスの持て余したパワーが、いい方に発揮されていると思います。実際は確執が齎したマイナス面も多いんでしょうけど、こういう曲を作る機会というのは重要だったのかなと。バンドが一枚岩で体当たりの演奏をしているイメージ。10分程あって、途中の展開も楽しめます。最後のアウトロで、ようやく夢が覚めるようです。コンピューターが壊れて、ジ・エンド(?)

⇒ Review 1990 - 1999に戻る


PR