partymind

menu

019:ゴシップ天国

プリンス逝去後、死因について様々な憶測やガセネタが飛び交ったことは記憶に新しいかと思います。心あるファンは当時胸を痛めたものですが、6月に正式に死因が公表されたことで事態は収束するとも期待しました。
しかし、本日(2017年2月5日)「プリンス エイズ」でGoogle検索してみると、 ズラッと並んで出てくるのは当時の記事のまま。特に修正などされておらず唖然としました。

ゴシップ

 

そもそも、「90年代にHIV感染していた」「エホバの教義により治療を拒否していた」「死亡時に体重は36kgだった」などといった情報は米国のタブロイド紙が報じたものです。東スポのような大衆誌なので信憑性については言わずもがな。参考リンク:プリンスがエイズを発症していた?
検索で引っかかった記事の多くは出典を記載していますし、件名に「?」を付けているので、良識のある人は「ああ、またなんか言ってるんだな」程度で流せるでしょう。しかし悪質なのは、個人ブログで上記の内容があたかも事実であるかのように断定的な口調で書かれているものです(リンクを貼るとブログ作者を利することになるので、画像にしました)。

クソブログ

 

同ブログの他の記事を見ても、吐き気がしそうなゴシップばかり。素人がアフィリエイトで稼ぐためにやっているブログなので情報の真偽は問題では無く、とにかくアクセスが稼げればいいのでしょう。また、ニュースサイトでも同様で、後から正しい情報が出たとしても修正されることは稀です。結果として、このような間違った情報がネット上に流布され、多くの人が信じることになります。一番悲しかったのは、この情報をファン自らがTwitterなどで拡散してしまったことです。悪気は一切ありません。それが余計に辛いのです。

※ HIVに感染したことを不名誉とする意図ではなく、事実と異なる情報が拡散されていることを論点としておりますので、誤解の無いようお願いいたします。

 

ところで、これに似た現象って覚えがありませんか?
「マイケル・ジャクソンは肌を漂白していた」です。
マイケルの肌が白くなっていったのは尋常性白斑が原因であると、生前のインタビューで本人が答えていましたが、皮肉にもその主張が正しいと証明されたのは死後の検死解剖でした。熱心なファンの方には常識でも、一般の人はいまだにマイケルが肌を漂白していたと思っている人が多数ではないでしょうか。整形を繰り返していたイメージが強いのと、その方が面白いからです。

ゴシップ

大衆にとって究極のエンターテイメントは何でしょうか。それはもしかすると、人間としてもっとも唾棄すべき醜い衝動を満足させることなのかもしれません。そして、需要がある限り供給が止むこともありません。せめてこの記事を読んでくれた方は、巷に流れる情報を鵜呑みにせず、嘘の情報の拡散に寄与しない努力をしていただけることを願って止みません。

2017/2/5

次を見る ⇒


スポンサーリンク