partymind

menu

Mary Don't You WeepのMV公開

「あれ?デジャブ?」と思った人は記憶力抜群です。先月、映画「BLACKCLANSMAN」のシーンをコラージュした、スパイク・リー監督によるMVが公開されましたが、今回「Piano & A Microphone 1983」の発売に合わせて、新たにプリンスの公式YouTubeでMVが公開されました。

アメリカだけで毎年1,300人の子供が銃により殺されているという説明が冒頭に表示され、その後“The system is broken. It’s going to take the young people to fix it this time. We need new ideas, new life…”.というプリンスの言葉が。

救急車の音と悲痛な鳴き声から始まるビデオは、とても痛ましく心を打ちます…。「Baltimore」でも歌われた、フレディ・グレイやマイケル・ブラウンといった黒人の若者が無残に殺された事件は記憶に新しいですが、アメリカにおいてはそれが日常というのが本当に恐ろしいです。黒人の子供が銃のオモチャで遊んでいると、親がとんでもない癇癪でそれを咎めますが、それはひとえに子供の命を守るために他なりません。
「Mary Don't You Weep」は黒人霊歌として古くから歌い継がれてきた歌で、かつては奴隷達の悲哀と希望を歌われたものです。プリンスは歌詞を変えて歌っているとはいえ、この曲にまつわる背景を知った上で改めて聴くと、なんともやりきれない気持ちでいっぱいになります。

2018/9/21


PR