partymind

menu

プリンス・ニュース: 2017年

プリンスに関連するニュースの過去ログ倉庫(2017年)です。

相続人が遺産の管理会社を変更する法的申し立て

プリンスの腹違いの兄弟3名が、遺産管理会社のコメリカ・バンク&トラストを降ろす申し立てをしているようです。先日ニュースでも紹介した、ペイズリーパークスタジオにあった未発表音源などを遺産相続人に通知無く移動したことに不服を申し立てている模様。情報源

2017/11/1

写真集 Prince: A Private View 発売

長らく待ちました…。PICTURING PRINCE プリンスの素顔に引き続き、ようやくPrince: A Private Viewが発売されました!PICTURING...も読みごたえがあって必携の素晴らしい写真集でしたが、Private Viewの方が、私が個人的に好きな時代のプリンスなので楽しみです!

2017/10/24

80年代のベスト・ギター・ソロTOP25にパープルレイン

Ultimate-Guitar.comによる掲題のランキングで、プリンスのPurple Rainが堂々の6位にランクイン!なぜ80年代で括る必要があったのかなど、詳しいことはよく分かりませんが、単純に嬉しいです。4位には、ヴァン・ヘイレンがギターを担当したマイケル・ジャクソンのBeat Itも入っていますね。情報源

パープル・レイン

2017/10/15

プリンスの未発表音源/映像がペイズリーパークから移動される

ペイズリーパークには何百枚もアルバムを作れるほどの未発表音源や映像が保管されていますが、この度それらのマテリアルがペイズリーパークからカリフォルニアの保管会社に移動された模様です。200億円を超える資産価値を持つと言われる財産であるため、より安全な環境で管理してデジタル化していくとのこと。これに対してプリンスの遺産相続人のシャロンとノリーンは、自身らに無断で移動されたことに対して法的な措置を取ることを検討しているそうです。うーん、とにかく紛失とか流出だけしないようにしてくれたら良いんですが…。情報源

2018/10/14

ザ・プロファイラー:“孤高の天才”の挑戦と苦悩~プリンス~

V6の岡田君が司会を務めるBSプレミアムの人気番組「ザ・プロファイラー」でプリンスが特集されます!ゲストは及川ミッチー、小比類巻かほる、クリス・ペプラー。10月12日(木)の21時からです。お見逃しなく!情報源
10月18日の18時から再放送があるようです。見逃したかた、録り逃したかたはチェックです。

2017/10/5

プリンスが履いていたハイヒールが7万5千$で落札

現在のレートで約840万円…。いや、欲しい。欲しいですよ。きっと博物館とかお店の展示とか、そういう用途ありきの落札額でしょうね。個人のマニアだったら凄いですが…。ちなみにペイズリーパークの元従業員からの流出だそうです。正式にプリンスから譲られたものならいいですが、もしそうじゃないなら嫌ですね。情報源

ブーツ

2017/10/1

最もセクシーなMVでプリンスの"Kiss"が2位

ローリングストーン主催の「最もセクシーなミュージックビデオトップ30」の2位に、プリンスの"Kiss"が堂々ランクインしました。ファンにしてみたら、「あれ?あの曲は?」という思いがあると思いますが、曲の知名度との兼ね合いなんかもあるのかもしれませんね。情報源

2017/10/1

ペイズリーパーク一周年イベント

ペイズリーパークがミュージアムとして公開されてから10月6日でちょうど1年になります。一周年を記念して、After Darkダンスパーティでは独占映像などが公開されるとのこと。また、生前からコラボしていたイラストレーターのBluleさんのポスターのプレゼントやケーキの振る舞いもあるようです。以下画像のタッチでピンときた人も多いと思いますが、Bluleさんはあちこちで拡散されていたプリンスの水彩画(?)を描いている人。ペイズリーパーク公式サイトの小売にも彼女のデザインを使った製品がラインナップされていますね。画集の出版も企画しているようです。Prince by Blule

ペイズリーパーク1周年

2017/9/22

日本のファンによるフラッグがペイズリーパークに到着

有志のファンにより日本全国をリレーしてメッセージを書き込んだフラッグが、ついにペイズリーパークに到着しました。情報源 僭越ながら私も毎度おなじみのプリボンイラストとメッセージを書かせていただきました。今回は機会が無くメッセージを書けなかった方もいると思いますが、プリンスに我々の心が伝わることを願っています。

フラッグ

2017/9/22

プリンスのバックバンドらによる新ユニット New Power Soul始動

だそうです。 メンバーはMarva King、Adrian Crutchfield、Marcus Anderson、Josh Dunham、Gail Jonson、Vanessa Domonique、Jason Tenner。もともとプリンス以外にはあまり興味の無い私ですが、このメンバーは殆ど関係無いような人がいたり、バンド在籍期間が短い人がいたり、どうも中途半端感が否めません。プリンスが選んだ人達だから上手いんでしょうけど、上手いミュージシャンは他にも沢山いるわけで。全然関係無くバンドを結成するのは大いに結構ですが、New Power Soulという名前を付けてプリンスのカバーやったりするのは食傷気味。こういう便乗商法は個人的には勘弁してもらいたいです。写真のドヤ顔が少しイラッとするし(個人の感想です)。情報源

NPS

2017/9/22

ロックの殿堂ジャパンミュージアム

遅ればせのニュースですが…。ロックの殿堂ミュージアムが、9月23日に東京有楽町にオープンします。米国以外では初となる常設展示ということで、興味津々です。プリンスも殿堂入りしているし、以下の写真にバーン!と出ているので期待したのですが、楽器等を提供されているリストに名前が無かったので、写真ぐらいなのかな?行かれた方は感想をお待ちしています!情報Thx>Goldさん 情報源
追記:やはりプリンスの関連物は無いようです。行かなくてもいいかな…。

ロックの殿堂

2017/9/22

ミネソタにあるコロンブスの像がプリンスに?

プリンスの出身地ミネソタ州で、白人至上主義の象徴でもあるコロンブス像を撤去する運動が行われているのですが、代わりにプリンスのモニュメントの建造を求める署名運動が展開されています。学校ではコロンブスは偉人として教えられたけど、それって白人至上主義的な思想の影響で、彼がやったことと言えば、先住民が住んでいたアメリカを新大陸発見とか言って横取りしたぐらいですよね。植民地政策の象徴として唾棄してもいいと個人的には思います。プリンスのモニュメントが出来るといいなぁ。情報源

2017/9/5

プリンスのファンサイトに求めるものは?

Twitterのアンケート機能を初めて使って、掲題のアンケートを取ってみました。ご覧のとおり「マニアックなデータなどの情報」が断トツで、「最新のニュース」「面白い読み物」が同率、「参加型のコンテンツ」が不人気という結果に。SNS隆盛の昨今、参加型コンテンツが下火というのは想像できたのですが、他の三者についてはもう少し拮抗すると思っていたので少し意外でした。
マニアックなデータを揃えるのは一番難易度が高いもので、この結果が今後うちのサイト更新に生かされるかどうかは、神のみぞ知るところです…。いや、頑張りますけど。

アンケート

2017/9/3

近年稀に見るしょうもないニュース

プリンスの実妹タイカ・ネルソンが、プリンスの好きな色は実はオレンジだったとタブロイド紙のインタヴューに答えたそうで話題になっています。Twitterでも即つっこみましたが、なんでこのタイミングでそんなことを言うかなーと思いますね。そういえばオレンジの服着たり楽器使ってた?いやいや、黄色も水色も青も着てましたけど…。別にオレンジが好きならそれはそれでいいけど、亡くなったあとにわざわざ申してニュースにするレベルの話じゃないと思った次第です。情報源

は?

9/1追記:上記の報道を受けて、今度は義姉のシャロンが、プリンスは紫が好きであったと発言。どうでもいいネタ合戦の模様を呈してきました。アホな報道に対する意図的な火消しであれば、グッジョブですが…。情報源

2017/8/31

"My Name Is Prince" 公式展示会とタイカの目論見

ロンドンのO2アリーナで、ペイズリーパーク協賛による公式のプリンス展が開催されるようです。プリンスがかつて実施したロングランコンサートである"21 Nights"にあやかって、10/27から21日間。プリンスの衣装や楽器等々といった展示で、ペイズリーパーク・ツアーの拡張版といった趣きでしょうか。現地時間の8/25から売り出し開始で、チケットはこちらの公式サイトから購入できます。

ちなみに、本展示会に対してタイカがインタビューを受けているのですが、マイケル・ジャクソンのトリビュート("Slave To The Rythm")で賛否両論だったホログラムの使用を示唆しています。単純にO2の演奏シーンを流すぐらいならいいですが、マイケルの時みたいに赤の他人の物真似とCGを組み合わせた捏造は個人的に勘弁してもらいたいです…。
余談で、ペイズリーパークに眠っている大量の未発表マテリアルを世に出すことも確約してくれています。どこまで信用できるかは置いといて、こちらは素直に嬉しいですね。無事かつ速やかに実現してくれることを切望しています。情報源

My Name Is Prince

2017/8/22

「Empire 成功の代償」にプリンスのエピソード

米FOXの人気TVドラマ「Empire 成功の代償」シーズン4で、プリンスをトリビュートするエピソードが製作されるようです。キャストがプリンスをテーマにした衣装を着て、プリンスをテーマにした誕生パーティ(プリパ?)を開催するというもの。プリンス自身、同ドラマのファンだったようで、楽曲使用の許可も出しており出演の話もあったとのこと。情報源

2017/8/18

パントンカラーに「プリンスの紫」を追加

デザインに携わる人はパントンの色見本でお馴染みだと思いますが、その色見本を出版しているパントン社がプリンス・エステートとコラボして、プリンスに捧げるカスタム色を制作しているそうです。その名も「Love Symbol #2」。Love Symbolすなわち   ということですね。プリンス自身が色味を選び、ヤマハが特注で作成したピアノの色にインスパイアされているとのことです。今後、プリンスの公式グッズ等の色に使用されるということで、うちもあやかろうと思ったのですが奇しくも当サイトのテーマカラー#553872は、すでにこの特注色に近くてビックリしました。若干彩度が異なりますが、パッと見では識別できない程度の差なので、これも縁かと一人で喜んでおります。情報源
追記:誤差ではありましたが、せっかくなので当サイトの色設定を「Love Symbol #2」に合わせて#553a63に変更しました。

Love Symbol #2

2017/8/15

ペイズリーパーク公式でクラウドギターの受注開始

ペイズリーパーク公式からのメールで、プリンス特注品のクラウドギターの受注を開始するお知らせが来ていました。色は2色、Sign O' The Timesの頃に使われていたピーチ色モデルと、Diamonds And Pearls以降で使われていた黄色の限定モデルです。お値段は$1,750+送料で、2017年10月1日までの発送を予定している模様。公式サイトのリテイルには載っておらず、欲しい方は"Cloud Guitar"と題名を入れたメールを shop@officialpaisleypark.com に送るとのこと。欲しいですが、ギターを弾けない私にとっては高すぎる置物なので見送ります。シンボルギターが出れば考えますが…。

クラウドギター

製品はシェクターギター製で、仕様は以下の通り。

余談ですが、同メールの末尾に「北米以外への配送対応はすぐに対応する予定」と相変わらず書かれていたのが少しイラッときました(笑)言い続けて半年以上も経っているような気がするんですが…。
"In addition, please visit the Official Paisley Park website to view a full line of exclusive merchandise, including clothing apparel and accessories. Shipping from the Paisley Park shop is currently set up for orders to Canada, the USA and Mexico. International shipping for fans outside North America will be available soon."

2017/8/13

10月発売の写真集にビヨンセが寄稿

Steive Parkeによる写真集"Picturing Prince: An Intimate Portrait"の発売が秒読み開始となりましたが、10月に発売予定のAfshin Shahidiによる写真集"Prince: A Private View"のカバー絵?が公開されました。これまで見られたものと違うけど、どっちなんでしょうね?この写真集の前書きにはビヨンセが寄稿するようです。追記:発売日が少し延びたみたいです…。
参考:以前のニュース記事

Private View

2017/8/8

ペイズリーパークツアーに、Ultimate Experience 追加

ペイズリーパークツアーに、VIP以上のコースが追加されました。$160で、他のコースでは入れないコントロールブースの見学など、様々な付加価値が付いているようです。月曜の限定された時間しか提供されていませんが、これからペイズリーパークを訪問を検討されるかたは、せっかくなので検討されてはいかがでしょう?公式サイト

2017/8/9

プリンスのドキュメンタリー準備中?

以前からSteve Purcellが公開していたヌード・ツアー日本公演のオフショットがアップデートされました。新たな移動シーンや本番のショーの様子などが追加されています。信憑性のほどは分かりませんが、ドキュメンタリーとして準備中という噂も。もし実現するとすれば、TV放映もいいけど、できればパッケージとして販売してくれたら嬉しいな~。

2017/8/6

セレブリティの聖地巡礼

少し前、ガンズ・アンド・ローゼズのダフ・マッケイガンがペイズリーパークを訪問した記念写真が公開されていました。彼は復活ライブの際にもベースにシンボルマークを入れて殿下を追悼するなど、プリンス贔屓の君子のようです。そして来日に向けて盛り上がっているブルーノ・マースも、メンバーとパシャリ。FBに投稿していました。どれも良い写真です。

ペイズリーパーク

2017/8/6

YouTube が少しずつ充実している件

プリンスの公式 YouTube チャンネルにMVが定期的に追加されています。"Why You Wanna Treat Me So Bad"や、レアクリップの一つとして知られる"Let's Pretend We're Married"が高画質で観れるのはありがたいですね~。完全に網羅している訳ではないのが小憎らしいところ。ワーナー時代だけでもいから、コンプリートでブルーレイ化してほしいものです。

2017/7/22

Musicology バンドバトル

Musicologyペイズリーパーク公式のアナウンスによれば、今夏にペイズリーパークで有志によるバンドバトルが開催されるようです。その名もMusicology。"Real music by real musician"というミレニアムの頃にプリンスが愛用していたキャッチコピーを副題にしています。
2017年の8月31日から9月2日の間、3組のバンドが競い、勝ち残ったバンドが最終日の9月3日で雌雄を決する流れ。優勝バンドはペイズリーパークでレコーディングしたり、NPGとのセッション、キャリア開拓などが用意されているとのこと。まずはビデオでこちらからエントリーをして、その中から選考されるようです。日本からもバンドが参加すると面白いですね。情報源

2017/7/13

公式YouTubeチャンネルでMV公開

唐突にPrinceという名前を冠したYouTubeチャンネルに、Purple Rainの頃のMVが公開されました。デラックス・エディションのプロモーションの一環だと思われます。これまでにないほどの高画質&公式ということで心置きなく見れますね。この調子で、過去のカタログリマスターと併せてMVも公開してもらえると嬉しいのですが…。
https://www.youtube.com/user/prince

2017/07/09

プリンスの雑誌掲載情報

Purple Rainの発売に合せて、 「ロッキングオン 2017年8月号」でプリンスの特集が数ページに渡って組まれています(表紙はU2)。また、タワレコのフリーマガジン「Bounce」にも2ページだけですが、プリンスの記事が掲載されています。興味があるかたはぜひ。

レコード・コレクターズ プリンス

7/8追加:レコード・コレクターズ 2017年 08 月号でも"Purple Rain"の特集が組まれるようです。こちらは上記と違い表紙もしっかりプリンス!7月15日発売予定です。

2017/7/2

John Blackwell 逝去…

プリンスのバンドにも在籍していたドラマーのJohn Blackwellは、長らく脳腫瘍で闘病生活を続けていましたが、7月5日に亡くなられました…。とにかく残念でなりません。

2017/7/5

Purple Rain Deluxe Edition 発売

いよいよ待望の"Purple Rain DELUXE EDITION"が発売されました。なんだかんだ言って、テンションがダダ上がりにです。既に手元に届いているかたも多いようですが、Amazonで国内盤を予約していた私はまだです。 6/24追記:届きました!これはマストバイです。

Purple Rain Deluxe Edition

2017/6/23

Prince Night

6月16日に行われたミネソタツインズの試合で、Prince Nightと銘打たれたプリンスへのトリビュートがありました。7回の後、観客が特製の傘をさして追悼したり、プリンスの楽曲が流れる花火も打ち上げられました。動画はこちら。プリンスに対するリスペクトの熱量が違いますね~。日本では考えられないので、羨ましいです。

スタイリッシュ

2017/6/18

Father's Song 公開

なんだか父親ネタが続きます。いよいよ発売が来週に迫ったパープル・レイン DELUXE EDITION の収録予定曲の一つである "Father's Song" が、父の日に合わせて公開されました。映画でキッドの父親が演奏するシーンが印象的だったインスト曲で "Computer Blue"のギターソロパートにも転用されました。個人的には大好きな曲なので今回のハイライトの一つでもあります。リンク:Spotify

2017/6/16

プリンスの父親のアルバム製作中

プリンスの実父であり、ジャズ・ミュージシャンでもあったジョン・L・ネルソンの楽曲が新たにペイズリーパークでレコーディングされるようです。

2017/6/16

タイカによるトリビュート・ソング"End of The Road"公開

風邪で寝込んでいたため、遅ればせの更新となりました。
6月7日はプリンスの誕生日(本人は宗教上の理由から誕生日は祝わなくなっていたのですが)であり、かつプリンスの逝去後に地元で"Prince Day"と制定された特別な日でした。その日に合わせて、プリンスの実妹タイカ・ネルソンによるプリンスへのトリビュート・ソング"End of The Road"が公開されました。歌手としての実績もあるタイカなので、この流れはさもありなんといったところです。

2017/6/11

プリンスのミュージカル

以前からチラホラと噂は耳に入っていましたが、プリンスのヒット曲を使ったミュージカル "Purple Rain" がイギリスでスタートするようです。マイケルの曲で行われた Thriller Live のスタッフが携わるということです。Thriller Liveの方は、マイケルのダンスなどをメインにしていたので、ある意味やり易いと思うのですが、プリンスはどんな感じになるんでしょうね。情報源

2017/6/5

タワレコからプリンスのTシャツ発売

タワーレコードからプリンスの「オフィシャル」Tシャツが数量限定で発売されました。シンプルにPrinceと書かれたものと、シンボルマークをあしらったものです。シンプルなデザインは多いに結構。ただ、ロイヤリティが高かったのかもしれませんが、これで5,000円近い価格設定はちょっと…。タワレコ公式ページ

プリンスTシャツ

2017/6/2

PICTURING PRINCE プリンスの素顔

過去のニュースでもご紹介したスティーヴ・パークによるプリンスの写真集"PICTURING PRINCE"の和訳版の発売が決定しました!UK版は既に発売されており好評を博しているものです。元専属カメラマンによる未公開の貴重な写真もさることながら、プリンスにまつわる様々なエピソードが結構読み応えがあるともっぱらの評判なのです。和訳版は後発のUS版と同じページが増刷されたバージョンとのこと。和訳が出たらいいなーとは思っていましたが、こんなに早いタイミングでの和訳は正直期待していませんでした。素早い対応に感謝です!

2017/5/16

"Our Destiny/Roadhouse Garden"解禁

"Purple Rain DELUXE"に収録予定の"Our Destiny/Roadhouse Garden"がiTunes Storeで発売されています。また、Spotify等のストリーミングサービスでも聴けるようです。ブートではよく知られた曲ですが、スタジオバージョンを改めて聴くと感慨深いですね。

2017/5/13

ユニバーサル、3千万ドルの契約解消

ここ最近噂されていたのですが、ユニバーサルがプリンスの版権に関する3千万ドルの契約破棄を正式に求めているようです。既存契約に絡むリリースの問題が発覚したことが原因のようです。ファンとしては、どこが出してもいいのですが、きっちり管理してもらい丁寧にリリースされることを願うばかりです…。情報源

2017/5/12

英国人が選ぶ最もスタイリッシュなミュージシャン、プリンスが4位に

Esquireが選んだ、掲題のランキングベスト10に我らがプリンスが4位でランキングされました。1位から、デヴィッド・ボウイ、ファレル・ウイリアムス、ボブ・ディランという顔ぶれ。マイルス・デイヴィス、ジャーヴィス・コッカー、マーヴィン・ゲイと続きます。この手のランキングは結局主観ですし基準が分からない点も多いのですが、上位ランキングは素直に嬉しいですね。情報源

スタイリッシュ

2017/4/29

パープル・レイン DELUXE & DELUXE-EXPANDED EDITION 6/23発売予定

先日のニュースでもご紹介した、パープル・レインのデラックス・エディションの発売日が6/23と公表されました。Amazon、タワレコ等で予約受付も開始されています。曲目はリークされたものと同等ですが、2バージョンでの販売となります。DELUXEは通常盤と未発表曲を収録した2枚組。DELUXE-EXPANDEDはそれに加えてシングル・エディットを収録した3枚目とパープル・レイン・ツアーを収録したDVDの合計4枚組セット。個人的にはエクステンディットならまだしも短いエディット・バージョンをわざわざ収録する必要は無かったと思うのですが、VHS/LDでしか存在しなかったシラキュースの初DVD化については念願の一言です。未発表曲"Electric Intercourse"はアルバムに先駆けてSpotifyなどで配信、iTunes Storeでは試聴もできます。

2017/4/28

プリンスの遺品、7,000点以上のカタログ

ペイズリーパークでプリンスの衣装や楽器などを管理している方のインタビューです。現時点で7,000点をリストアップできたそうですが、まだ全体の5%程度とのこと。気が遠くなる作業だと思いますが、しっかり管理して残してもらいたいですね。情報源

2017/4/23

モーリス・デイによる追悼曲(公式)

遅ればせながら…。モーリス・デイがプリンスの命日に合わせて、追悼曲"Over That Rainbow"のMVを公開しました。 公式動画リンク

2017/4/23

Deliverance 発売再開

4/19のニュースの続報になります。プリンスの未発表曲をEPとして発売しようとしたRMAに対し、発売の差し止め命令が裁判所により出されました。しかし、RMAは「既に発売された」ものは差し止めの対象にならないと主張して、"Deliverance"の発売を再開したようです。ご丁寧にウェブサイトも新たに開設(https://deliverance.is/athand)。以前公開していたドメインは思いっきりプリンスの名前を冠していたので、その点も問題になったのでしょうけど、利権絡みで揉めるのはやめてほしいです…。情報源

2017/4/23

Prince Online Museum期間限定で公開

プリンスの過去のオフィシャルサイトを復元して公開するも、すぐに権利の関係で閉鎖したPrince Online Museum。プリンスの命日に合わせて限定復活しています。すぐ閉じると思うので前回見逃したかたはお早めに。

2017/4/22

羽生選手、プリンスに謝罪…

羽生選手国別対抗戦に出場した羽生結弦選手、シーズン最後になるSPの"Let's Go Crazy"では残念ながら転倒などがあり、7位と奮いませんでした。演技直後に「ごめんなさい」と呟いたほか、インタビューでは「明日がプリンスさんの命日だったので、そういう気持ちも込めて集中していたつもりだったんですけど…申し訳ない気持ちでいっぱいです」と悔しさを滲ませました。試合を見に行っていた家内によると、練習では調子が良かったけど演技前は緊張していたようだったとのこと。きっと気負い過ぎてしまったのだと思いますが、プリンスファンとしては、このリスペクトに溢れた羽生選手の言葉をもらえただけで感激です(涙)

2017/4/20

"Purple Rain"デラックス・エディション収録曲が明らかに?

「出る出る詐欺」と言われていた"Purple Rain"のデラックス・エディションの収録曲がリークされました。3枚組で、1枚目が通常の構成、2枚目にシングルやエクステンデッド・バージョンなどを、そして3枚目がアウトテイクになるそうです。"Electric Intercourse"などの名曲が収録されるのは嬉しい限り。今回のように同じ年代のアウトテイクをデラックス・エディションにまとめるのは良いかもしれないと個人的には思いました。アウトテイクだけを集めてアルバムを構成するのは結構難しそうなので…。でも、"Purple Rain"みたいに確実に売れるものだから出来るのかもしれません。個人的には"Dream Factory"の再現とやってほしいですが。情報源

2017/4/20

"Deliverance"緊急リリース

1周忌を狙ったかのように、プリンスの未発表曲5曲+αを収録したEPが発売されました。2006~2008年のアウトテイクで、権利の関係でUSのみの発売となるそうです。しかし、プリンス・エステートとペイズリーパークは、この音源をリリースする権利があると主張しているエンジニアのGeorge Ian Boxillに対して訴訟を起こすようで、何だかややこしくなりそうです。世界中のファンが1周忌を悼むタイミングで利権絡みのもめごとはたくさんですが…。当サイトでは、一連の決着が付くまでは同作を「公式」としては扱わない所存です。情報源1情報源2
https://www.princerogersnelson.com/
4/21追記:裁判所の判決によりリリースは差し止められました。上記のサイトも今日現在真っ白な状態になっています。

Deliverance

2017/4/19

The Prince Story - Icon, Genius, Slave

先般ご紹介したTVプログラム(ショッキングな再現シーンがあるので閲覧にご注意ください)。すぐ消えると思いますがとりあえず共有を。純粋なドラマかと思いきや、関係者の証言が中心で過去の再現シーンに役者を使ったドラマが挿入される仕立てになっています。しかし、百歩譲って演じるだけならまだしも、なんで歌のシーンまで役者が歌っているのか理解不能です。
追記:動画は削除されました。

2017/4/18

公式ツアーブックに新ラインナップ

ペイズリーパークの公式サイトに、ハードカバーのツアーブックが3種類追加されています。ファッション特集、ギター特集、そしてペイズリーパーク特集です。パークのものがどのような内容かは分かりませんが、以前出ていたもののハードカバー版のような予感ですが…。さっそくカートに入れたものの、なぜか配送先で日本が選べなくなっています。単なるアップデート時の不具合であればいいのですが、海外発送をやはり見合わせたとなるとえらい悲報です。ひとまずは動向に注視していきましょう。

ハードカバー

2017/4/16

一周忌を控えたイベントの予定

プリンスが亡くなってもうすぐで丸一年…。ペイズリーパークではセレブレーション2017が開催されますが、併せて様々なパーティやトリビュートが企画されています(下記参照)。このタイミングで渡米されるかたには朗報ですが、沢山あり過ぎて迷いそうでもあります。また、日本でも様々なイベントが企画されています。独りで過ごすのが辛いかたはぜひ。

セレブレーション2017

2017/4/11

The Second Comingの映像、少しだけ公開

これまでもごく一部の流出は認められてきた、お蔵入りしたプリンスのフィルム、"The Second Coming"の新たな映像がドイツのTV番組で紹介されました(17:26、18:15あたり)。元ネタはどこかに保管されているということは、いずれ日の目を見ることがあるのかもしれません。情報源

2017/4/10

ロックの殿堂でレニー・クラヴィッツがプリンストリビュート

2017年のロックの殿堂で、プリンスのトリビュートとして、レニークラヴィッツが"When Doves Cry"と"The Cross"を演奏しました。プリンスをメンターと仰ぎ、彼の逝去後も感動的なメッセージを出していたレニクラだけに、演奏にも愛を感じます。ゴスペルシンガーを引き連れたストレートな演奏が素晴らしい…。情報源12

2017/4/8

The Prince Story: Icon, Genius... Slave

なんと、TVでプリンスのドラマ?が放送されるようです。4月16日にUKのChannel5で放映とのこと。プリンスに似てる俳優をキャスティングしてはいるものの、かなーり微妙な感じです。プリンスを、他の誰かが演じるとか有り得ないと思うのは私だけではないはずです。それこそ殿下が伝説になってから何年も経って、彼のことを知らない人が沢山増えてきたころにやるというのであれば分かります。しかし、亡くなって1年そこそこでこのような企画を立てるのはファンの傷口に塩を塗るような行為だと思うのです。情報源

prince story

2017/4/4

セレブ2017限定グッズ公開&通常グッズ日本への配送対応

4/20に開催されるCelebration 2017を記念したグッズが、ペイズリーパークのオフィシャルサイトの小売に追加されました。持ち帰り専用なので、イベントに参加されていない人は買えないようです。単にポスターをプリントしたシャツやマグカップなどは正直イマイチ。もう少しセンスのあるものを作ってほしかったですが…。唯一、限定ツアーブックは興味深いですが。結構厚みがあるけど参加ミュージシャンの情報などが入っているのでしょうか。それにしても小売りの送付地域が一向にグローバル対応しないのは予想通りのドン臭さ。すぐに対応するとか言っていましたが…。
※3/16追記:ドン臭いとか悪態を付いた途端、日本やヨーロッパの一部の国への発送に対応しましたw 限定グッズは現地に行かないと持って帰れないですが、その他のグッズは買えるので要チェックですよ~。

セレブ2017

2017/3/12

写真集 Prince: A Private View 2017年10月発売予定

皆さんも期待に胸を膨らませているSteive Parkeによる写真集"Picturing Prince: An Intimate Portrait"が9月に発売予定ですが、その直後の10月に別の写真集"Prince: A Private View"が発売される見込みです。Afshin Shahidiという カメラマンによるもので、2004年に発刊されたハワイの写真集などを手掛けた模様。ハードカバーで豪華な感じが予想されるので、Steive Parke版とともに保存版になることは間違い無さそうです。財布には厳しいですが、嬉しい悲鳴ですね。 カメラマンごとに写真集が出るのであれば、個人的にはHerb Rittsの写真集を一番切望しています。

2017/3/12

丸屋九兵衛によるプリンス本 3/24発売

プリンス本のニュースが続きます。
「痴の巨人」こと丸屋九兵衛によるプリンス本「丸屋九兵衛が愛してやまない、プリンスの決めゼリフは4EVER(永遠に)」(長い!)が発売されます。プリンスに愛のあるツッコミを入れまくる感じでしょうか。ちらっとAmazonの紹介文を読むだけでもクスッとくる感じで、個人的にはかなり期待できそうです。金太郎飴のような評論家の特集よりも、こういう独自の切り口を持った本が出てくれると嬉しいですね。イベントページにも掲載しましたが、発売を記念したトークイベントが4/2に開催される予定ですので、要チェック!

2017/3/11

プリンス:大人の塗り絵

 

プリンスの塗り絵(!)本2種類が、3月と4月に発売されます。
塗り絵って独創性を生かして好きな着色するのが肝だと思うんですけど、「私がデザイナーだったらプリンスの衣装をこんな風にデザインするだろうなー」と考えながら色塗りするの楽しそうですね。勿体無くて塗れないので2冊ずつ買わないといけないのが難点でしょうか。出版社はそれぞれ別のようですが、3月に出る方のイラストがかなり素人臭いのが若干気になります…。

2017/3/5

パープル・ハウス跡地をファンが購入

かつてプリンスが住んでおり2003年に取り壊された住居、通常「パープル・ハウス」。跡地にはハートとピースマークのシンボルが特徴の門扉が残されており、在りし日の面影を伝えています。こちらでも紹介している通り、ここはファンにとってはプリンスに所縁のある名所の一つで、半ば観光地化しているスポットでもあります。長年空地になっていましたが、とあるファンが70万ドルで敷地を購入したとのこと。敷地には新たに家が建つようですが、門扉はそのまま保存される模様。情報源

パープルハウス

2017/2/25

シニード・オコナーがドラッグに関する狂言について正式に謝罪

シニード・オコナーがFacebookで、プリンスと親交のあったアーセニオ・ホールが長年に渡りプリンスへのドラッグの提供者だったと投稿。これに対しアーセニオは名誉棄損で彼女を訴えていました(あまりに下らなかったのでニュースでは取り上げませんでした)この訴えに対し臨戦態勢だったシニードですが、ここにきてようやく当該発言が虚偽であったことを認めて正式に謝罪。アーセニオも訴えを取り下げたようです。彼女の精神状態を知る人であれば、一連の発言が注目を集めるための狂言であることは自明だったのですが、嘘も百回言えば本当になる世の中、正式に撤回してくれて何よりです。しかし殿下ファンとしてはひとえに腹立たしいですが。情報源

シニードvsアーセニオ

2017/2/25

ストリーミングでのプリンスの再生回数が話題に

SPotifyを初めとするストリーミングサービスでプリンスの楽曲配信が解禁されてから1週間で1,700万再生を記録したそうです。新発売でも無い楽曲がここまで注目を浴びるのは凄いですね。いかにストリーミングサービスが普及しているか、そしてプリンスの楽曲が待ち望まれていたかを如実に物語る数字ではないでしょうか。因みに再生回数の上位10曲のうち半数は"Purple Rain"からのもの。情報源
Prince. Now on Spotify では、プリンスの再生がどのように世界に広がっていったかをヒートマップで表現しており興味深いです。日本ではSpotifyがまだ普及しきっていないという事情もありますが、ちょっと鈍いですね。

Map

2017/2/24

書籍「プリンスとパープルレイン」2/25発売

ローリング・ストーン誌の編集主任アラン・ライトによるパープル・レインを題材にした書籍の邦訳版「プリンスとパープル・レイン (音楽と映画を融合させた歴史的名盤の舞台裏) 」が2月25日に発売されます。追悼本は広く浅く網羅したものが多いですが、パープル・レインを掘り下げたものがどうなるのか、興味深いです。

1983年8月3日。暗いステージにコードが鳴り響く。聞き慣れないコードだ――
B♭の3度を2度に置き換え、ベース音はD(=B♭sus2/D)。1年後、このサウンドは観客を熱狂させることになる。
これは『パープル・レイン』の物語だ。
――本文より

2017/2/18

グラミー賞でプリンストリビュート(ブルーノ・マーズ、ザ・タイム)

グラミー賞でプリンスのトリビュートが行われました。ブルーノ・マーズの選曲はまさかの"Let's Go Crazy"。ブラックミュージックに造詣の深い彼なので、もう少しソウル寄りな選曲になると思っていたんですが意外でした。いわゆる「プリンスっぽい」衣装でクラウドギターを弾きこなしてました。個人的には"Let's Work"とか"I Wanna Be Your Lover"とか初期の歌が合うと思うんですが、グラミー賞のパフォーマンスなので万人向けですもんね。 ザ・タイムは持ち歌でパフォーマンスを披露。

Buruno

2017/2/13

アルバム2枚とコンサートフィルム2本が"Purple Rain"リマスター盤と同時発売予定

以前から話が出ていた、アルバム"Purple Rain"のリマスター盤がいよいよ発売されるようです。しかも、金庫の未発表曲からいきなり2枚のアルバムもリリース。さらに、コンサートフィルムも2本リリース。そして、これらがすべて6月9日に発売される…というから驚きです。ちょっと信じがたいというか、そんなにいきなり売ったら売上に影響しそうなもんですけど、とにかく嬉しいニュースには違いありません。無事に出ることを願っています。情報源

2017/2/13

過去作品のストリーミング配信が正式に決定&グラミー賞トリビュート

1月11日のニュースでも不確定情報として掲載しましたが、現地時間の2月12日に開催される第59回グラミー賞に合わせてプリンスの過去カタログが、Apple MusicやSpotifyなどでストリーミング配信されることが正式にアナウンスされたようです。また、同授賞式ではプリンスとジョージ・マイケルのトリビュートが実施される予定です。演者について正式な発表はありませんが、オリジナル7がSNSで自らブルーノ・マーズと競演するとアナウンスしています。情報源

2017/2/10

謎の投票

PRNFamily.comのTwitterアカウントでRoll Call(点呼)が行われています。第1段、アフリカ、アジア、オーストラリアでは2/9時点でアジアがトップ。

2017/2/10

プリンス・ファミリーの公式サイトオープン

プリンスの家族による公式サイト、PRNFamily.comがラウンチしました。
いまのところペイズリーパークと各種SNSのリンクがあるだけで、コンテンツはありませんが、今後ニュースやイベントなどの情報も掲載していくそうなので、継続的にウォッチしていく必要がありそうですね。キーワードはTruth, Harmony, Loveだそうです。

PRNFAMILY

2017/1/30

オークションにプリンス関連物出品

プリンス所縁の品がオークションに出品されています。
スタッフや関係者から横流しされたと思しき、衣装、プロダクションの副産物、プリンス手書きのメモ、未公開の写真など。どれだけの値で落ちるかは分かりませんが、最初の設定だけ見れば、頑張れば買えなくもない値段なのでコレクターのかたは挑戦してみては?個人的には、LOVESEXY時代の写真を初めて見れただけで満足(と自分に言い聞かせる)。

オークション

2017/1/28

ジュディス・ヒル、5月に来日

プリンスに目をかけられていた実力派シンガー、ジュディス・ヒル。5月に来日してビルボードライブ大阪と東京でライブをすることが決定しました。プリンスやマイケル・ジャクソンが惚れた才能を直に体験することができる機会です!情報源
・2017年5月2日:大阪
・2017年5月4~5日:東京

ジュディス・ヒル

2017/1/28

マジェスティ逝く…

ペイズリーパークで飼われている2匹の鳩の片割れ、マジェスティちゃんが先週亡くなったようです。享年25歳…って本当だとしたら、そうとうな長寿ですね。
ペイズリーパーク・ツアーに行ったときも、この子たちを紹介されました。遠くからケージを見るぐらいでしたが、心なしか鳴き声は聞こえたような気がします。殿下の後を追ったんでしょうか…?
天国では、殿下のそばに居てもらいたいですね。

マジェスティ

20167/1/23

マイケル vs プリンス

80年代のポップ・アイコンは、マイケル・ジャクソンなのか、プリンスなのか?そんな問いかけがこちらで実施されています。TwitterやFacebookでタグを付けてシェアすることで投票できます。このニュースを掲載した時点では、結構いい勝負になっている模様です。まぁ、 全然種類が違うリンゴとオレンジを比べて、どちらが優れた食べ物か議論するのは不毛なことではあるのですが、こういうのがあるとつい乗ってしまうのがファンの性。ぜひ一票を!

マイケルvsプリンス

2017/1/20

The One U Wanna C の別バージョンMV

"The One U Wanna C"のMVが発掘されました。少し前から一部では流出していたのですが、微妙だったので拡散はしなかったものです。こちらでも書いているように、既知のMVは静止画を組み合わせたような手抜きのものですが、ちゃんとしたものが撮られていたんですね。ただし、ご覧の通りチープさが際立っており、違和感が否めない作品になっています。なにかのオマージュなのか、曲の能天気な雰囲気に合わせた演出なのか…。個人的には、ギターを弾く真似しているツインズが厳しい…。

2017年1月15日

プリンスの楽曲がストリーミング大手で解禁?

これまでTidalが配信を独占していましたが、SpotifyやAppleミュージックでプリンスの楽曲が聴けるようになるかもしれません。私は旧世代の人間なのでストリーミングサービスは興味無いのですが、門戸を広げるという意味ではいいのかな…。天国のプリンスはしかめっ面してそうですが。情報源

2017年1月11日

2016年にアメリカで最もアルバムが売れたアーティストに

プリンスが2016年にアメリカで最もアルバムが売れたアーティストであったことが明らかになりました。アルバム売上全体は昨年度より低下していたようで、音楽業界自体がフリーコピーの煽りを受けてかなり苦戦している形に。そんな中、プリンスの過去のカタログ売上のトータルでプリンスが1位に。もちろん、伝説的アーティストであるプリンスの逝去を受けての効果です。単独アルバムでも、"The Very Best of Prince"がアルバム売上枚数の8位にランクイン。
記録自体は嬉しいですが、素直に喜べない…。情報源

2017年1月9日

ジル・ジョーンズ"I Miss You"発売

1/12発売とのことでしたが、既に購入はできるようです。
MVもフルバージョンが公開になっています。


2017年1月6日

アンチェリのアウトテイクが流出

新年早々、映画"Under The Cherry Moon"でボツになったオープニング映像が流出しました。なにその私服とかツッコミどころの豊富さは相変わらずですが、一味違う始まり方は必見。キュートな殿下がたまりません。

2017年1月3日

明けましておめでとうございます。

シドニーとロンドンのニューイヤーはパープルだったようです。

2017年1月3日

 

次を見る ⇒


PR