partymind

menu

Prectrumelectrum

Prectrumelectrum

3つ目女子のデビュー作は、ストレートなバンド・サウンド

 

  1. Wow
    冒頭から本作のイメージを印象付けるギターが入ったと思いきや、"Hello, how R U?"と意表を突いた穏やかな歌い出しが印象的。とりあえず「ワオ!」って感じです。

  2. Pretzelbodylogic
    早くに単体で発売されていたので馴染みのある曲。3rd Eye Girl路線の曲はストレートというか大味な曲が多いので、個人的にはまぁまぁかなという感じでした。同時に発売された"Art Official Age"が抑制の効いた内向きサウンドだったので、比較すると面白いです。

  3. Aintturninround
    3rd Eye Girlボーカル( 誰がボーカルを取っているのか分からないので、このように書かせてもらっています)による、これまたストレートなロック。

  4. Plectrumelectrum
    2013年にYouTubeでお披露目されていたインストナンバー。曲名から見て分かるように、ギターが主役と言って良い曲(大半のロック・ナンバーがそうですが)。

  5. Whitecaps
    一転、歌もので聴かせます。White capsって、白い帽子と思っていたんですがライナーノートでは「白い波頭」と翻訳されていますね。 やっぱり歌詞カードが必要です。久々の国内盤のありがたさを噛み締めています。

  6. Fixurlifeup
    これまた2013年に発売された曲。当時は「うーん、当分こんな路線が続くのかな」と思っていましたが、ちゃんと3rd Eye Girlとプリンス単独のアルバムを分けてリリースしてくれたのは素晴らしい。
    他にも3rd Eye Girlの曲は幾つかリリースされていましたが、アルバムに乗らないままなんでしょうかね。

  7. Boytrouble
    早口言葉から始まり、なんとレフトアイばりのラップが披露されます。ロックばっかりでもいいんですが、こういうファンキーなものを織り交ぜると変化があっていいですね。ライナーノーツではインストと記載されていますが。

  8. Stopthistrain
    こちらは、健気な歌詞ともども可愛らしいナンバー。女性がボーカルを取ることで歌詞のイメージが変わりますね。もしプリンスがこの曲を歌っていたら…、そんな想像をするのも楽しいです。

  9. Anotherlove
    プリンスのボーカル。アリス・スミスのカバーですが、プリンスお得意の女々シング風に料理してます(褒めてます) 。その割には抑え気味かと思いきや、最後の最後で感情を爆発させます。待ってました!

  10. Tictactoe
    こちらはプリンスと3rd Eye Girlで一緒にボーカルを取っています。とても優しい肌触りのナンバー。因みに本アルバムはすべて単語間のスペースが無いので分かりづらいですが、Tic-tac-toeは日本で言うところの〇×ゲーム(これってローカルな呼称かな?)。
     
  11. Marz
    最初、Marzって何だろうと思ったのですが(奈良で有名なパン屋さん、マルツベーカリー?)、Marsのことなんですね。短くて一瞬で終わりますが、同時にスピード感溢れるナンバーです。また、本アルバムの中では珍しく社会的なメッセージが含まれています。
     
  12. Funknroll
    同時発売の"Art Official Age"にも収録されている曲ですが、こちらはライブのアレンジ。TVのライブでもお披露目されていたので、当時テンションが上がった人も多いのではないでしょうか。さながら、安定のファンクといったところ。
     

⇒ Review 2010 - 2019に戻る


PR