partymind

menu

Musicology

Musicology

次世代に託す、プリンスによる「音楽学」

 

  1. Musicology
    うぅう~♪という、殿下お得意の奇声で始まるタイトル・ナンバー。割とスタンダードな作りという印象を受けます。特にアップテンポでもないんですが、妙なグルーブがあって、ジワジワと癖になる感じでしょうか。かなり黒い音ですね。一聴した時は印象が薄かったんですが、聴きこむほどに新たなスタンダード的な味が出てくる曲かもです。プロモで見られるように、原点回帰というか、オールドスクールに対するアンセムみたいな感じも。曲の中でJBやE,W&FやSLYのことを歌っているなど、先人に対するリスペクトを隠すことなく表現したものと思っていいみたいですね。Good God!

  2. Illusion, Coma, Pimp&Circumstance
    非常に耳馴染みの良いバックトラックに乗せて、抑揚のあるプリンスのボーカルが流れます。微妙なライムが交互に挿入されている感じですね。個人的には、これ好きです。何となくプリンスっぽくないような気がしたんですが、やけに耳に残りクセになります。歌詞の内容はかなりダークな類のもの。これまでのプリンスと違うことは、明らかに批判を主として歌にしているということでしょうか。個人的にはプリンスが舌足らずに"Money, money."っていうパートがかなりツボ。

  3. A Million Days
    「君がいなくなってから数時間しか経っていないのに、まるで100万日経ったようだ」 "I HATE U."路線の情けな哀愁系の歌詞が、かなりプリンス節炸裂で好み。やはりプリの歌はこうでないと。曲調は近年のプリによく見られる仰々しいドラマティックな雰囲気ですね。盛り上がり方とかが、かなりベタな感じなんですが、個人的には好きなのでアリかなと。コーラスとかギターなんかは、本当に最近のプリの特徴が顕著です。でもまぁ、抑え気味といえども、ちゃんとクライマックスでは熱暴走するし、至れりつくせりとはこのこと。

  4. Life O' The Party
    出だしからして渋い。これは中々ファンキーで格好いい曲です。サビ歌ってるのはロンダかな?サビを完全に預けるあたり、もうライブの為に作った曲としか思えない程ライブ向きだと思うんですが、、、このスタジオテイクも悪くないけど、是非ライブで聴いてみたいです。"Days Of Wild "みたいなフリがあると、さらに盛り上がりそう。

  5. Call My Name
    ファルセットと地声が混じる超甘バラード。このアルバムは割とサービス精神旺盛というか、ファンが望むところはキチッと押さえてくれているように思います。フォロワーを沢山輩出したプリの本領発揮というところでしょうか。ソウルフルです。

  6. Sinnamon Girl
    プリンスにしては異色の肌触りかもしれません。最近のプリっぽいサビよりはむしろ、2メロのくだりなんかが割とツボだったり。でも、本当にポップです。ここまで思いっきりキャッチーな曲は最近では珍しいかもしれませんね。でも、歌詞は反戦の内容だったり。そのギャップがまた、たまりません。

  7. What Do You Want Me 2 Do?
    割と早くからお披露目されていた曲。非常にまったりとしています。音が"Sign O' The TImes "の頃に近いということで話題になりました。雰囲気を例えるなら"Dorothy Parker "を干して煮たような感じでしょうか?過去の秘蔵音源からの引っ張りなのか、新たに作った自己カバー的な新作なのかは分かりません。サビの不思議な抑揚を持ったリフレインが何ともドラッギー。朦朧とします。

  8. The Marrying Kind
    これまた近年プリの特徴を持った曲。ミディアム・テンポの曲なんですが、味付けが本当に近年プリ(他に言い方ないのか)なんですよね。まぁ、当たり前といえば当たり前なんですけど。でも、耳馴染みの良い味付けがされている所為か、この曲も割と聴きやすい感じではありますよね。

  9. If Eye Was The Man In Ur Life
    うーん。これまた聴きやすい感じです。特に感想を書こうとすると難しいのですが。。嫌いじゃないんですけどね。もっと聴きこもうと思います。

  10. On The Couch
    今作で最もメロウなナンバー。ピアノで弾き語りをする姿が目に浮かびそう。スローでジャジーな曲。ファルセットで歌います。8~10の流れは、曲の出来が秀逸な割には、割と平均的というか、それほど印象には残らないんですよね。申し分は無いんですけどね。BGM的というか。

  11. Dear Mr. Man
    ミステリアスなイントロから、哀愁漂うメロディが走ります。淡々と歌われるミディアム・テンポのナンバー。全編通して非常にアダルトな雰囲気が。哀愁系が特に好きな私としては勿論ツボな曲なわけなのです。歌詞の内容は思いっきり某大統領のことを歌っているようです。反戦ソングは、これまでのプリンスでも見られたものですが、ここまで直接的なのは珍しいですよね。しかし、平和を謳うプリンスはいつも凛々しい。押さえた曲調には、哀しみの淵で煮えたぎる静かな憤りを表現しているよう。

  12. Reflection
    かなり早くからお披露目されていた曲。ファルセットで歌われるミディアム・テンポのナンバー。眠気を誘う、優しい曲。歌詞の内容も、回想について歌っていて、とても柔らかい肌触りです。この曲は歌詞を見るまではイマイチだったんですが、今ではかなり大好きです。

⇒ Review 2000 - 2009に戻る


PR