partymind

menu

The Slaughter House

Slaughter House

NPGMC時代の貴重なフルアルバムの一つ

 

  1. Silicon
    「屠殺場へようこそ」で始まる、冷たい感触の曲。
    初期に配信されたときには、「なんで屠殺場?」と思っていましたが、最初からこのアルバムの1曲目として作成されていたのかもしれませんね。それにしても、は歌詞が分からないのが、結構辛いです。。。曲は"Slave"みたいな感じで淡々としています。もっと冷たいですが。

  2. S&M Groove
    もともとのタイトルは"Sadmasohistic Groove"。曲はNPG風のファンクチューン。何となくですが、"D&P"~"Love Symbol "の頃っぽいような(根拠はなし)プリンスが声を加工してバンドを煽ります。イメージとしては、例の鎖付きの帽子を被って歩き回ってる感じですかね。

  3. Y Should Eye Do That When Eye Dan Do This?
    非常に長いタイトルです。しかし、これは美味しい。個人的には、NPGMCの目玉の1つです。クレジットの詳細は知らないんですが、明らかに蔵出しっぽい。あまりブートとかを聴かない私なので、既に知られた音源かは不明ですが。例のウマヘタラップでダンサブルに突っ走ります。ホーンもブリブリ、いい感じです。「ブーシャカラカ、ブーン♪」とか言ってます、多分。お馴染みのフレーズのような。

  4. Golden Parachute
    スローな曲。まったりと展開されます。金のパラシュート。純金だったら落ちそうです。あまり聴きこんでないですが、今のところ重要度が低いです。

  5. Hypoparadise
    得意の造語がプリンスらしくて好きです。ファルセットで歌われるミディアム・テンポの曲。結構キャッチーな感じです。

  6. Props N' Pounds
    ふざけた感じの、可愛い曲です。個人的には退屈かもしれません。もっと聞き込まないと駄目かな。

  7. North Side
    典型的なNPG風の曲。悪くはないんですが、、、結構食傷気味かもしれません。聴きこんでないので、何とも言えませんが。

  8. Peace
    その名も”PEACE”です!曲は、いかにもNPG風といった感じ。しまいには、ラリー・グラハムも参加して皆でブリブリ盛り上げます。平和を謳ってる人は皆格好いいんです。このメッセージソングは特に元気が出ます。

  9. 2045:Radical Man
    もとはスパイク・リーの映画"Bamboozled"にも提供された曲。カミール・ボイスも織り交ぜた、目茶苦茶ファンキーなナンバー。歌詞は結構辛らつというか、ブラック・カルチャーに根ざしたアゲインスト・ソングといった趣ですね。かなり格好良いですよ。

  10. The Daisy Chain
    プリンスお得意の、イントロシャウトが印象的。恐らく、プリンスが結構力を入れた曲ではないでしょうか。さしずめ、NPGMC全体のシングル候補曲といったところ<勝手に推測
    ちゃんとMVも作ってますしね。(バスケをするプリンス、ラストは…)途中のMCは個人的には好みじゃないです。今までの、どのラッパーとも違ってて新鮮ですが。。。グルーブ重視のファンキーな曲です。結構長くて、展開は楽しめます。

⇒ Review 2000 - 2009に戻る


PR