partymind

menu

Chocolate Invasion

Chocolate Invasion

NPGMC時代の貴重なフルアルバムの一つ

 

  1. When Eye Lay My Hands On U
    歌いだしは、非常に美しいファルセット。その後地声に戻って、コーラスとヒネリが多分に入ってくる展開。何か怪しいイメージで印象的ですね。後ろ髪を引っ張られるような粘りのあるコーラスが何とも。これのMVは非常に手抜きっぽいです。髪型も個人的にいただけないw

  2. Judas Smile
    初期に配信されたときは"JUDAS Kiss"というタイトルだったんですが、アルバム単位でリリースされたときに"JUDAS SMILE"に変更されていました。ラリー・グラハムからクレームでもきたんですかね?ユダのキスは、裏切りの象徴でもあるので、歌詞が興味深いです。(Iさん情報提供ありがとうございます)曲はタイトルに反して、ファンキーな曲。途中のフックも豊富で飽きさせません。後半のシンセが、初期のプリンスっぽい使い方で感動ものです。この曲の真骨頂は後半ですね。まるで全然違う曲みたいに盛り上がります。

  3. Supercute
    飛行機が離陸。おもむろに入る歌。これは、歌詞も見てみたいですね。上品にまとまった感じの好ナンバー。サビの哀愁を湛えたコーラスも印象的。邦題は「めっちゃ可愛い」というところでしょうか。

  4. Underneath The Cream
    重ねた声が非常に綺麗で、眠りを誘う安堵感があります。本当に子守唄並に、脳波が安定しそうです。優しさに溢れたバラード。美しくて、柔らかいです。プリンス自身のラップは蛇足だと思いますが…。

  5. Sex Me? Sex Me Not
    どっちやねんといいたくなるタイトル。「セックスする?しないでね」という場面を勝手に想像してしまいます。曲自体は、結構淡々としてますね。

  6. Vavoom
    ポップな音かなー、と思っていたら。すごい粘っこいプリンスの声で目が覚めました。やはりこうでないと。サビも印象的なコーラス。「バ・バブーム♪」という感じですかね。曲自体は、ハワイで腰振ってそうな感じ。でも、一筋縄ではいかないのです。

  7. High
    ファルセットの具合がかなりファンキー。確か、この曲名でアルバムが一枚作成されていたそうです。それだけに、タイトル曲としてのポテンシャルは持っていると思います。ダンサブルで、贅肉を落とした好ナンバー。まさに、気分がハイになります。曲名もいいですよね。シンプルだけど強烈。

  8. The Dance
    後にアルバム"3121"にもアレンジを変えて収録されたという珍しい曲です。結構気に入っていたのかな?私は"3121"収録バージョンを先に聴いた口なんですが、こちらのバージョンの方が随分軽妙なので驚きました。これは、両方押さえておきたいかもしれませんね。どっちが好きと聞かれれば、私はこちらのバージョンかなぁ。。。

  9. Gamilah
    ギター中心のインストナンバーです。サックスも相まって、AOR的な和みの雰囲気へと。良いんですが、あまりにも普通すぎて逆に違和感が。。
    余談ですが、後にプリンスの奥さんのサイト(会社)名にもなっていました。"GAMILAH"ってどういう意味なんでしょう。

  10. U Make My Sunshine
    アンジー・ストーンとデュエットしています。非常にオーソドックスなバラード。多少粘りもあるんですが、すぐに糸が切れるような。そんな印象を受けました。

⇒ Review 2000 - 2009に戻る


PR