partymind

menu

The Gold Experience

Gold Experience

生まれ変わった 、煌めく黄金体験

 

  1. P Control
    とんでもなく露骨な歌詞です。しかも、印象的で一度聴いたら忘れられない曲。直前で"ACKNOWLEDGE ME"から差し替えられたそうです。個人的には"ACKNOWLEDGE ME"の方が好きですけどね。アゥオードか何かでこの曲を演奏してたけど、ファンキーでした。(でも口パク)

  2. Endorphinmachine
    "Interactive"の代わりに収録された曲。K-1に使用されているので、曲自体は有名だと思います。でも、格闘技とプリンスって一番縁が遠いと思うんですけど…何故プリンス?(恐らく関係者にファンがいたんでしょうけど)早口でハイテンションなロックナンバー。プリンスが出したパソコン用お遊びソフト"Interactive"ではエンディングに収録されていました。リフが印象的な好ナンバー。ちょっと大味な気もしますが。

  3. Shh
    バラード。多少中途半端な印象が無きにしも非ずです。ファルセットで歌った方が良かったかも。ロマンティックな路線を目指しています。

  4. We March
    何故か色んなTV番組で、この曲の音が使われていました。宣言的な内容で、特に"Come"からの流れ的には、重要な曲。…ですが、個人的には重要度は低いです。

  5. The Most Beautiful Girl In The World
    様々なリミックスを収録した"THE Beautiful Experience"を始め、既に露出されていた曲。改名後の展望に期待を抱かせるような、美しいファルセット・バラード。古典的な内容に賛否が分かれますが、個人的には大好きな曲です。「恥ずかしい」歌詞は、"I WOULD DIE 4 U"以来の最高の出来だと思います。因みに、このアルバム・バージョンは駄目です。聴くなら是非シングルの方を聴きましょう。

  6. Dolphin
    出だしは最高に美しい。「すべての心を虜にするには、言葉はどれだけ美しくなくてはいけないんだろう?」 というフレーズは、当サイトの歌詞コーナーでも引用させて頂いてますが、本当に美しい言葉です。イントロは歌詞の美しさと相まって、素晴らしい効果を出しています。バンドの演奏が入ってから騒々しくなるけど。綺麗な歌詞ですが、イルカという題材は日本では馴染みが薄いかもしれませんね。因みに、この曲のMVは一本撮りで手抜きしてます。

  7. Now
    プリンス流ラップの解釈?何と言うか、彼独特の喋り口調のウマヘタライム。決して上手ではないんでしょうけど、私は好きです。改名後の、新世紀を予感させる「今」を賛美した、非常に前向きな歌。ライブ等では非常に盛り上がる曲で、人気も高いです。後半の熱暴走具合は、特に最高ですね。何か…もう…、辛抱堪らん。という感じでハジケて下さい。

  8. 319
    ファルセットで歌われる、変態系のダンサブルな曲。古典的なプリンス風な内容ですね。映画「ショー・ガール」で使用されて、ファンは注目しました。個人的には、映画自体はプリンスの曲が無ければ観る価値が無いと思いますが。内容はまんまです。319ってのは彼女の番号。

  9. Shy
    気だるく、渋いバラード。個人的には重要度は低いです。

  10. Billy Jack Bitch
    とても印象的なメロディの曲。プリンスの得意とする、哀愁系のミディアム・テンポの曲調です。プリンスが注目していたフィッシュ・ボーンをサンプリングしています。しかし、韻を踏んでいるというか、"Bully Jack Bitch "って凄いネーミングですね。

  11. I Hate U
    非常に美しいファルセットバラード。クセは無いんですが、プリンスのバラードの中でも珠玉の出来だと思います。ファルセットのボーカルも非常に優しくて感動的。「君が嫌いだ、何故なら愛してるから」後半、裁判風に展開されるクライマックスは、こみ上げてくるモノがあります。弱い男の本音が吐露されて、それが切なくて醜くて、そして美しいです。

  12. Gold
    トリは、仰々しい出来のドラマチックなミディアム曲。ストレートでアクの無い作りです。「キラキラ輝くものがすべて黄金って訳じゃない」今後のプリンスを物語る、重要な曲。ライブ撮りのMVは、非常に綺麗に仕上がっています。

⇒ Review 1990 - 1999に戻る


PR