partymind

menu

Come

Come

プリンス逝く

 

  1. Come
    波の音のイントロから、プリンスの囁きを経て、アルバムが始まります。吐息すら感じられそうな囁きがセクシー。でも、プリンスはこういうセグエが好きですよね。。で、アルバムタイトル曲はインパクトのある、ちょっと怪しい感じの粘っこい曲。単調なようですが、その中の微妙なアレンジの変化等はエキサイティング。ボーカルもプリンスの本領発揮。非常に気持ちいいです。当時は、"Come"っていう単語が単体で使われるのが珍しくかったです。インパクトのあるアルバム・タイトルですからね。辞書を調べてビックリでした。

  2. Space
    浮遊感のある曲。何故かシングル・カットされてます。ミックス違いは結構好きなんですが…個人的には、あまり重要度が高くないです。でも、一般的には評価は高いみたいですね。

  3. Pheromone
    波の音と囁きが再び。プリンスの喋りは、非常にハッキリと聴き取れます。口の動きまで手に取るように分かるという…思わずゾワゾワッと。さて、曲ですが。簡単に言うと、変態系の秀作です。フェロモンという直接的な題材は、今まで使用されなかったのが不思議なぐらいハマります。ファルセットでキメてます。あんまりヒネりが無いかもしれませんが、結構格好いいです。

  4. Loose
    クールなアナウンスの直後にプリンスが「1,2,3,4!!」と3回叫びます。(最初聞いた時は、何言ってるのか分かりませんでした…)ここまであからさまにテクノに手を出したのは初めてかも。脳みその中で音がグルグル回るのが気持ちいい(大したことじゃないんですが、、)これだけ騒がしいと、プリンスの怒鳴りボーカルも馴染みます。MVではピンクのビキニを着たマイテとの絡みが非常に冴えています。

  5. Papa
    非常に、ダークな曲。
    児童虐待を題材にしたシビアな歌詞が、痛いです…「子供を虐待しちゃいけない。さもないと僕のようになってしまう」囁くように喋りながら、怖いぐらいシビアに描写されています。
    最後の部分で、多少救われた感じもしなくはないです。

  6. Race
    人種差別についての糾弾ソング。ホーンが多用されており、明るくて陽気な感じです。ありがちなメッセージ・ソングなんですが、説得力があります。前向きな姿勢が非常に好感を持てるし。「僕を切って。君を切って。ほら、同じ血だろ?」この曲こそ、歌詞を知らないと好きになれなかったかもしれません。

  7. Dark
    ファルセット・バラード。曲自体は、可もなく不可もなくといった感じです。個人的には、重要度の低い曲ですね。。

  8. Solo
    教会で歌われているかのように、エコーがかけられたファルセットバラード。アカペラで暫く歌われ、その後ハープの演奏が入ります。"God"を連想させるようで、"God"より遥かに荘厳。個人的にはこのアルバムのハイライトです。毎回、真摯に聴いてしまいます。スピーカーによっては、高音の部分で音が割れますね。なんにせよ、ちょっとやり過ぎなので、普通の人は引くかも。。。

  9. Letitgo
    前曲で、落ちるところまで落ち込んでしまったので、この曲が救いになります。独特の旋律が印象的なミディアム・テンポの曲。歌詞の内容が、プリンス名義のラスト・ナンバーとして相応しい暗示的なものになっています。「これからは自由にやっていく」という宣言ナンバーでもあります。その後の彼の動向を見れば、有言実行ぶりが納得できます。因みに、タイトルから"Let It Be"を連想しそうですが、もちろん全くの別物です。一時、日本に同曲名を冠したバンドがいましたが、どこに行ったんでしょう…シングル・カットされました。

  10. Orgasm
    これがラストに来る所以は、タイトル名にあるのでしょうけど…初めて聴く時は、1人で聴くことを強くお奨めします。 これは曲ではなく、女性が行為の際に出す喘ぎ声です。。。

⇒ Review 1990 - 1999に戻る


PR