partymind

menu

For You

For You

プリンスの記念すべきデビューアルバム

 

  1. For You
    1人多重録音アカペラ・ナンバー。何とも浮遊感があって綺麗です。これがタイトルナンバーというのもユニークなところ。プリンス黎明期の始まりを告げる高らかな聖歌隊のコーラス。その実、1人何役もこなすプリンスのワンマンショー。プリンスのプロ活動のオープニングとしては、相応しいと思います。

  2. In Love
    メロ路線の秀作です。出だしの吐息には思わず微笑んでしまいます。相当ベタですが、とても耳馴染みが良くて個人的には好きです。若干パンチ力に欠けるという、アルバム全体の特徴とは一致するのですが…。全体的に及第点をクリアしているんですが、突出したユニークさが無い為、アルバム自体は不振に終わったようです。その結果に不満を抱いたプリンスは、次のアルバムで売れ線に走ったと言われています。完成度の高いものを作れば売れるとは限らない世界、厳しいですね。

  3. Soft And Wet
    シンセが奇妙な音出しており、やけに印象に残る曲。本アルバム中、最もファンキーな肌触りです。確か、後年MCハマーがサンプリングしたことで有名になった発掘曲でもあります。後の路線の伏線となる、セクシャルな歌詞にニヤリ。柔らかで湿っていて…。

  4. Crazy You
    とても短いバラード。非常に美しい旋律と、控えめな演奏が好印象です。2曲目と同様、メロ路線の秀作です。初期プリンスならではの、珍しい曲調。これまたベタですが、個人的には大好きです。「これがプリンスだ」とは言えないのですが、プリンスの歴史を語る上では外せない(当たり前か)重要な初期の好曲だと勝手に思ってます。

  5. Jus As Long As We're Together
    モータウンか!と思うほどの、ディスコティックなパーティー・チューン。 優等生なんですが、2番手に甘んじてしまうような印象もあります。まぁ、この古き良き曲調が今となっては新鮮だったりもするんですよね。プリパなどでかかると、結構盛り上がる曲でもあります。

  6. Baby
    繊細なボーカルが印象的なバラード。プリンスの典型的な作風の萌芽を感じられる曲。とても綺麗な曲です。内容は、恋人(ベイベー)のことと思いきや、最後でズバリ本物の赤ん坊(ベイベー)に関して歌ってます。タイトルの意味は両方にかかっているんでしょうね。曲と同様、歌詞も非常に優しい雰囲気です。 個人的には、この曲を聴くためにアルバムを買う価値は十分あると思います。

  7. My Love Is Forever
    これまたモータウンを髣髴とさせる曲調。悪くないんですけど。他の曲と同様 に優等生どまりな感じは否めません。初々しいギター・ソロなどは、今聴くと微笑ましいです。プリンスにも、こういう時期があったんだなぁという程度に。デビュー・アルバムで一世を風靡するアーティストは、潰れることの方が多いですし。このデビュー作があって、初めてプリンスが大成したのかもしれません。

  8. So Blue
    黄昏時の雰囲気を醸し出しているバラード。これも、綺麗な優等生曲ですね。ただ、何度もしつこいですが、初期プリンスの楽曲によく見られる「そつなく及第点をクリアした無難な曲」というイメージがコレにも付きまといます。いい曲なんですが、印象にはあまり残らない感じです。

  9. I'm Yours
    一転して激しいギター・リフ。今作中、唯一ハードロックな曲。プリンスが「オレはこんな音楽も作れるし、演奏もできるんだ」と、自らの音楽の多様性を披露したかったのかもしれません。惜しむらくは、 位置づけが中途半端に感じられること。これが最後の曲というのも、なかなかに微妙な…。けど、ある意味貴重です。

⇒ Review 1978 - 1989に戻る


PR