partymind

menu

プリンスに関する用語の解説

マニアの間で当たり前のように使われる用語は、時に意味不明だと思います。このサイトを見ていて分からない言葉があった場合にチェックしてみてください。

用語 解説
1-800 NEWFUNK 1994年前後。インターネットが本格的に普及する少し前、プリンスはグッズの通信販売などをしていましたが、これはそのショップの電話番号。当時のファンは、買い物するにも英語なので大変でした。コンピレーション・アルバムが同名のタイトルを冠していましたが、ズバリ販促用のCDです。1997年に同名のオフィシャルサイトも立ち上げられました(現在は閉鎖中)。
3121 2006年発表のアルバムおよびタイトル曲の名前。その謎の数字の由来は様々な憶測を呼びました。これの謎解きについては、コチラコチラをどーぞ。
3121.com 2006年前後、NPGMC閉鎖後に開設されたプリンスのオフィシャル・サイト。毎週公開される音源を聴いたり、記事や写真を見ることができました。
現在は閉鎖されています。
3rd Eye Girl Ida Nielsen、Donna Grantis、Hannah Fordから成るプリンスのバックバンド名にして、2013年から始動した、事実上のプリンス公式Webサイト、Twitter、Facebookのアカウント。2013年度初頭から覆面アカウントとして活動を開始し、少しずつ謎を明かしていくというプリンスらしいやり方でお披露目されました。
オーディエンス ブートのカタログにおいては、観客が録音した音源という意味で使われます。⇔ライン
アウトテイク 収録されたにも関わらず発表されなかった音源。プリンスには膨大なアウトテイクのストックがあると言われていますが、相当な量がブートとして出回っています。
アップタウン UPTOWNプリンスの楽曲の一つであり、スウェーデン発信のファンジンのタイトルでもあります。
アレクサンダー・ネバーマインド プリンスの偽名の1つ。プロデュースなどで自身の名前を伏せたいときに使用していました。
インタラクティブ
CD-ROM
Interactive史上初にして恐らく最後の、プリンスのパソコン用ゲーム。謎解きをしながら豪邸を進んでいくと、プリンスの曲を聴けたり、ビデオを観れたりするという代物。後半の謎解きが極悪な上に、PCの環境によっては不具合もあったように記憶しています。ちゃっかり新曲のMVなんかが収録されていて、それが売りといえば売りでしょうか。
元々Mac用として発売され、その後DOS系PCにも対応。確かWin95~98ぐらいでしか動かなかったと思います。
「オンダワン」 プリンスがバンドに合図するときの掛け声の1つ
"On the one!"
カミール
(カミーユ)
プリンスの別人格および偽名の1つ。「カミーユ」と発音するのはフランス式で、英語では「カミール」。
具体的にカミール名義でアルバム「Camille」を製作したこともありましたが、没になりました。しかし、収録予定曲の殆どは日の目を見ています。カミールとしてレコーディングされた曲はテープの回転数が変えられており、甲高い音が特長です。
※"Housequake", "If I was your girlfriend"等
その後、プリンス名義でも変速ボイスは使われ続けましたが、ファンの間では便宜上それらを「カミール・ボイス」と呼ぶことが多いです。

「グッゴー」

プリンスがバンドに合図するときの掛け声の1つ
"Good god!"
クラウド・ギター クラウド・ギター映画「パープル・レイン」で初お目見えした特注ギター。白、黄色、青などのカラーバリエーションがあります。青色のものには特に「ブルー・エンジェル」という愛称が付けられています。
日本のバンド、ルナシーのギタリストのSUGIZO氏がこれに酷似したものを使用していたのでSUGIZOモデルとして紹介されることもあります。
グラム・スラム アルバム「Lovesexy」に収録されていた曲名。
また、プリンスがプロデュースしたクラブの名称。日本では横浜にもありましたが、あっという間に無くなってしまいました。
クリストファー プリンスの偽名プリンスの偽名の1つ。プロデュースなどで自身の名前を伏せたいときに使用していました。

「コンフュージョン」

プリンスがバンドに合図するときの掛け声の1つ
"Confusion!"
ザ・レボリューション プリンスのバックバンドの名称。
初期~「Parade」までプリンスのツアーなどを支えました。
ジェイミー・スター プリンスの偽名プリンスの偽名の1つ。プロデュースなどで自身の名前を伏せたいときに使用していました。
ジョーイ・ココ プリンスの偽名の1つ。プロデュースなどで自身の名前を伏せたいときに使用していました。
シンボル・ギター シンボル・ギターsymbol の形をした特注ギターで、金色、黒、白などのカラーバリエーションがあります。紫色のものには特に「ハビビ」という愛称が付けられています。
スプーキー・エレクトリック プリンスの別人格で、ダークサイド担当(笑)
ラブセクシー時代に登場した架空の人格で、自身の中の善と悪を説明するために作り出されたものと思われます。
この名前を使用したバンドが日本にいますが、きっとメンバーの誰かがプリンスのファンなのでしょう。
セレブ 続に日本で使われる「セレブ=セレブリティ」とは関係なく、セレブレーションの略。プリンスの誕生日前後に開催されるお祭りで、ペイズリー・スタジオ内部を公開したり、ライブが行われます。ファンとしては聖地巡礼とライブを一度に楽しめる驚異的なイベントです。残念ながら2000年~2002年に3度開催されたっきり、現在は行われておりません。
タイフーンヘアー 1991~1992年あたりのプリンスの髪型で、かなり凝ったリーゼント。誰が呼んだか、ファンの間ではタイフーンヘアーという呼称が定着しました。
「チキン・グリース」 プリンスがバンドに合図するときの掛け声の1つ
"Chicken greace!"
殿下 ずばりプリンスのこと。日本で王子っていうと殿下ですから。

殿下マニア

インターネット黎明期、国内で最大手だった超有名プリンス情報サイト。メーリング・リストも活発で、当時初心者だった私は大変お世話になりました。
管理人のUSU氏がサイトを閉じられたあと、閉鎖を惜しむ有志により復活しましたがその後閉鎖。
パープル・アックス パープル・アックス90年代からライブ等で使い始めたショルダーキーボードの愛称です。アメリカでは意匠登録もされています。金色版のものもあります(関係無いけど、昔ゴールデン・アックスというゲームがありましたね…)。
パープル・チケット 2006年発表のアルバム「3121」の特典として企画された懸賞。アルバム購入者(および申込者)の中から抽選で選ばれたラッキー・ウィナーは、プリンスの家(別荘)に招待され、直に演奏を堪能できるという夢のチケット。
日本枠1人は、女性の方が当選されたようです。
パープル・ヨーダ ヨーダはご存じ、スターウォーズに出てくるジェダイの親玉みたいな宇宙人。2010年あたり、プリンスは自身をそのヨーダに見立ててパープル・ヨーダと称しました。小柄なところを自虐的にネタにした?
ハビビ シンボル・ギターの紫色バージョンの愛称。
ファム "family"を略した"fam"のこと。
プリンスがsymbolに改名していた時期、"fan" は狂信者という意味の "fanatic" の略なので、自分に対しては "fam" として接してほしいと発言していました。熱狂的なファンに追い掛け回せれたりブートを買い漁られたり、迷惑を被ることの多いプリンスならではの発言。その時期のプリンスを知る心得た人は、ファンではなくファムとしての行動を意識し、自身のことを同様に表現することがあります。
※当サイトでは、特別な意味を持たせる場合を除き、「ファン」の記載を採用しています。
ファラオの道 ファンが所有しているブートをプリンスの下に集めて、「ファラオの道」なる舗装道路(?)を作るという遠大な計画…。
プリンスが公式サイト(当時はNPGMCだったと思います、多分)を通じてアナウンスした、ブート・ボイコット計画でしたが、どうなったんでしたっけ?
ブート bootleg (海賊版)のこと。何らかの方法で流出した非公式の音源。基本的に犯罪。しかし、プリンスは未発表曲が大量にあるので、ブートが絶えません。

不法投棄所

現在閉鎖中ですが、プリンスのオフィシャルサイトの一つ、「Lotus Flow3r」の別名(当サイト限定)。荒涼としたログイン画面にさまざまなアイテムが放置されている様から名付けられました(笑)
プリパ プリンス・パーティーの略。
特に厳密な定義は為されていないのですが、プリンス専門でかけるクラブ・イベント等のことを指すことが多いです。周りに同好の人間が少ないプリンス・ファンにとっては、プリンスの音楽と会話で盛り上がれる貴重な場になっています。
※同様のイベントは、90年代からも行われていましたが、「プリパ」という呼称が定着したのは2000年に入ってから。確か NPG Prince Site さんの掲示板が発祥だったように記憶しています。
プリンス違い Googleで「プリンス」を検索したときに出てくるプリンス違いの検索結果。時代により変遷しますが、主なプリンス違いは以下の通り。目的と違った検索結果が出てくるとイラッとしますが、それはお互い様ですね。
- うたの☆プリンスさまっ♪
- Mr.King vs Mr.Prince
- コーヒープリンス1号店
- プリンスホテル
ブルー・エンジェル クラウド・ギターの青色バージョンの愛称。
ペイズリー・パーク
85年のアルバム「Around The World In A Day」で初お目見えしたプリンス独自の概念。同名曲の歌詞によれば、ペイズリー・パークは皆の心の中にあるそうです(笑)
プリンスは相当この架空の公園が気に入っていたらしく、自身のレコード会社やスタジオにも「ペイズリー・パーク」を流用しています。
ペイズリー・パーク・スタジオ ペイズリー・パークプリンスが自らの資産を投入して建築したスタジオ・コンプレックス。多くの曲がこのスタジオで録音されました。
また、セレブレーション・パーティー(通称セレブ)などの会場ともなりました。
マッド・キャット マッドキャットホーナー社製テレキャスター・タイプのモデルで、プリンスが初期の頃から現在にいたるまで愛用しているギターです。
ミネアポリス・サウンド プリンスが発明したとされる、ミネアポリス発祥の音楽スタイル。最も特徴的なのは、従来ホーンセクションでまかなっていたパートをシンセで代替したというもの。ニューウェイブの影響も受けています。どんなものか聴いてみたいかたは初期のプリンスの作品をチェックしてみてください。プリンスおよび彼のファミリー、そしてファミリーから派生してジャネット・ジャクソンなどへも受け継がれました。
モデルC マッドキャットLovesexy~Batmanあたりの時代でよく使われていたカスタム・ギターです。同じようなデザインのベースも存在します。
使用されていた期間が短かったモデルなのですが、2010年あたりから再びお目にかかれるようになりました。
元プリンス
(元プリ)

symbol と改名していた頃、便宜上使われていたプリンスの呼称の1つ。TAFKAPと同様の意味です。

ライン ブートのカタログにおいては、音響機器のラインから直接録音された音源という意味で使われます。⇔オーディエンス
ラブ・シンボル symbol の通称です。本来はこのシンボルの呼び方は決められていないのですが、アルバム名としての「symbol」を指すときに便宜上「ラブ・シンボル」と呼ぶことが多いです。
レカ・ストー Wrecka Stowに同じ
ロータス・フラワー 2009年発表のアルバム名であり、同時期のオフィシャル・サイト(lotusflow3r.com)。当時は結構気合を入れて作成した形跡があり、$77の年会費を払って会員登録すれば音源のDLやビデオの視聴などが可能でした。しかし、特に大したサービスも無く、いつのまにかフェードアウトした泡沫サイト。

和製プリンス

岡村靖幸のことです。
プリンス好きが高じて、服装や踊りなどをそのままコピーしちゃった伝説のアーティスト。
ワンアイド・ベース One-eyed baseOne-eyed Base、片目のベースです。公称なのかどうかは不明ですが、改名時代にプリンスが使っていた、片目がペイントされたベースのこと。
Holy Purple Book 殆どの人に存在を忘れられていると思いますが、NPGMC初期の頃に会員に配布されたマニアック・ツール。
どんなツールだったかもうろ覚えなのですが、アルバムや曲のデータベース的なものだったような…。
LOTUSFLOW3R ロータス・フラワーの項を参照
「E」となるところが「3」になっているのはプリンスお得意の文字遊びです。
LOVE 4 ONE ANOTHER 1997年頃のオフィシャルサイト(love4oneonother.com)。このタイトルは、当時のプリンスのお気に入りだったらしく同名のTVプログラムなども作成されました。サイトについては、ストリーム配信など割と凝ったことをしていた覚えがありますが、今や記憶の彼方…。
NPG
(New Power Generation)
ペイズリー・パークと並んでプリンスお気に入りの造語。
お気に入りだけあって、色々なところでこの概念を使用しています。主なものは以下の通り。
- アルバム"Lovesexy"の歌詞に初登場
- 同名曲のタイトル
- "Diamonds And Pearls"以降のプリンスのバンド名
- プリンスのレコード会社名
- オフィシャルサイト名(NPGMC参照)
NPGMC
(NPG Music Club)
2001年にプリンスが気合を入れて立ち上げたオフィシャル・サイト(npgmusicclub.com)であり、また、そこでのメンバー・シップを指します。会員は音源や映像をダウンロードすることができ、ライブでの優先権なども獲得できました。年度ごとに会費やサービスの内容は異なりました。突如閉鎖されて(サイト名がある商標に抵触したため?)、3121.com に移行しました。
NPG Online Ltd. 2000年頃のオフィシャル・サイト。NPGMCの前身とも言える存在でした。割と凝った作りをしていましたが、NPGMCへと移行したため、短命に終わりました。
SOTTs Sign Of The Times の略
TAFKAP The Artist Formerly Known As Prince(かつてプリンスと知られていたアーティスト)の略。
symbol と改名していた頃、便宜上使われていたプリンスの呼称の1つです。
TheDawn.com プリンス初のオフィシャルサイト。1996年発表のアルバム"Emancipation"にアドレスが掲載されています。私はこれが見たいがためにインターネットを初めました。が、ようやく接続できた時には既に閉鎖しており、実際に当時公開されていた内容を見たことはありません。当時はインターネットといえば、最先端というイメージがあり、一般への普及もまだまだでした。
TORA TORA プリンスの偽名の1つ。プロデュースなどで自身の名前を伏せたいときに使用していました。
Wrecka Stow wreckastow映画"Under The Cherry Moon"で、トレイシーがマリーをからかうときに使われた言葉。マリーは言葉の意味が分からないが、トレイシーに何度も「レカストー!」と読まされる。その後で「サム・クックのレコードはどこで買う?」と聞かれ"...Record store.(ゥレカストゥ)" と答えるというオチ。
symbol 92年発表のアルバム・タイトル。♂と♀を足したような、独特のデザインです。
後にプリンスはワーナー・ブラザーズと契約を巡って争い、この記号に改名(!)しました。したがって、特定の時期においては、このシンボルはプリンス自身を表します。発音は明らかにされていません。因みに、再改名でプリンスという名前に戻った後も、この記号はプリンスのシンボルとして使われ続けています。
0(+> symbol と同じ意味。このシンボルをキーボード上で表現する際に使われることがあります。

 


PR